スロージュエリー・ストーリィ


 ■ 高級ブランド時計

18金とダイヤモンドのスイス製高級腕時計も、
いつまでも飽きずに使えるのかというと、
ショパール腕時計 意外とそうではないもので・・・

1860年創業のショパール時計、
「ハッピー・ダイヤモンド」は
ガラスの中にダイヤモンドがコロコロと動く。

持っていることだけで幸せになるという気持ちにさせる、
素敵な時計です。

しかし、しばらく仕舞いこんでいたものをお持ちになって。

「なんだか使わないのもつまらないので、
何かいい方法はないでしょうか?」

多くの女性があこがれる
こんな高級時計を使わなくなるなんて、
と不思議に思うかもしれませんが、

「なぜかこういう時計をすることに、
抵抗というか、わずらわしさを感じるように
なってしまった。」 と言うわけです。

私にはそういう気分も
何とはなしにわかる気がいたしました。




しかし、まずデザインを考える前に、
そういう時計に直接手を加えて
改造するようなことは、決してしないと伝えました。

なぜなら、本体に手を加えることは、
こういう歴史ある時計ブランドを、
冒涜することになってしまうと思うからです。


★そこで私が考えたスロージュエリー

デザインイメージ1
私の提案は、
ペンダント時計として再生したら、
使える気にならないかというお話をしました。

そうすれば、
リッチでしかもカジュアルになって
デザインイメージ2 楽しくなると思ったのです。

ロングチェーンを使えば、
遥かに優雅で素敵に
「時」を見ることができるわけです。

まず、革ベルトをはずして
デザインイメージ3 ロングのチェーンに提げた、
時計の下側を持ち上げれば、
時刻が見やすいように、

上を6時方向にして、チェーンを通すカンをつける。
そして、12時側にダイヤモンドが小刻みに揺れるようにしたら
いかがでしょう。




腕時計では、使う気分でなかったものが

完成!
こんなにカジュアルでリッチに。

しかも、

「携帯電話で時刻を見るのは、ちょっと気が引ける、
という場所や、シチュエーションにもさりげなく使えるのよね、
とってもよかったわ、ありがとう。」






名前には意味があるへ     スロージュエリー・ストーリィTOPへ     書道の筆へ